地積更正登記のメリットとデメリットは何か?土地家屋調査士が解説!

・実際の面積が登記面積より多い
・実際の面積が登記面積より少ない
・財産保全のために法務局に図面を出しておきたい

このような理由で地積更正登記を検討中の方で、メリットとデメリットを知りたくて検索されてのではないでしょうか?

地積更正登記は、申請義務のない登記です。
申請義務がないということは、やっても、やらなくてもいい登記です。

やっても、やらなくてもいい登記ですが、やった方がいい場合とやらない方がいい場合があります。
メリットとデメリットがある登記です。

この記事では、地積更正登記のメリットとデメリットをわかりやすく解説しています。

この記事を読んで自分の土地はやった方がいいと思われたら土地家屋調査士に相談してください。

地積更正登記について詳しくお知りになりたい方は、「地積更正登記とは?正しい面積に修正して自分の土地を守る方法!」をご参照ください。

最後まで読んでいただければ幸いです。

1 地積更正登記のメリット


地積更正登記のメリットは、「地積測量図」が法務局に保管されることです。

また、地積更正登記を申請すると登記簿の面積が正しい面積に訂正されます。

地積測量図には、土地の境界点の座標値、境界標の種類、境界点間の距離、土地の面積、求積方法等が記載されています。

我々土地家屋調査士は、土地の境界確定測量を行う際は、この地積測量図を重要な資料として境界の特定を行います。

地積測量図が、法務局に備え付けられているということは、安心・安全な土地だということです。

実際の地積測量図には何がどのように記載されているかを解説します。


実際の地積測量図です。

不動産登記規則第77条には地積測量図を作成する際の記載事項が規定されています。

赤字が記載事項となります。

不動産登記法第77条1項
地積測量図には、次に掲げる事項を記録しなければならない。
一 地番区域の名称
二 方位
三 縮尺
四 地番(隣接地の地番を含む。)
五 地積及びその求積方法
六 筆界点間の距離
七 国土調査法施行令第二条第一項第一号に規定する平面直角座標系の番号又は記号
八 基本三角点等に基づく測量の成果による筆界点の座標値
九 境界標(筆界点にある永続性のある石杭又は金属標その他これに類する標識をいう。以下同じ。)があるときは、当該境界標の表示
十 測量の年月日

地積測量図の見方を詳しくお知りになりたい方は、「地積測量図の見方がわかる、作成者である土地家屋調査士が徹底解説」をご参照ください。

地積測量図の疑問についての記事は、「【すぐわかる】地積測量図と公図の疑問を土地家屋調査士が回答します」をご参照ください。

2 地積更正登記のデメリット


地積更正登記のデメリットは、固定資産税に大きく関係してくるということです。

地積更正登記と言っても、面積が増える更正、面積が減る更正があります。
面積が減る地積更正登記なら固定資産税も減るのでメリットになります。

しかし、面積が増える地積更正登記は、固定資産税も上がってしまうのでデメリットと言えるでしょう。

 

コラム①

確定測量をして面積が増えていることがわかった場合、地積更正登記をしなければ固定資産税は上がりません。
しかし、その土地を兄弟で分ける分筆登記をする場合は、前提として地積更正登記をしなければなりません。
この場合は、登記面積が修正されて固定資産税は上がってしまいます。

コラム②

実際にあったケースのご紹介です。
借地の所有者が、建物を新築するために分筆登記を行いました。
その土地は、昔から一度も測量したことのない土地で大幅に面積が増えていて、分筆の前提として地積更正登記を行ったため固定資産税が大幅に増えてしまったというケースがありました。

土地の面積は、登記面積と異なるケースは少なくありません。

土地の面積について詳しくお知りになりたい方は、「意外と知らない土地の面積、~
あなたの土地の面積は正しい面積か?」をご参照ください。

3 まとめ

地積更正登記のメリットとデメリットについて解説してきました。

ご自分の土地を安心・安全な土地にするという意味では、確定測量を行い、そして地積更正登記を申請するべきです。

地積更正を申請すれば法務局に「地積測量図」が保管されます。
平成17年以降の地積測量図は現地復元性があると言われています。

地積測量図が法務局に保管されるということは、境界の位置はここだと公に公開しているのと同じです。

安心・安全な土地にするという意味では、地積更正登記は有効な手段ですが、確定測量の面積が登記面積より多かった場合は、地積更正登記をすることにより固定資産税が上がってしまいます。

地積更正登記を申請するメリットとデメリットをわかりやすく表にまとめましたのでご参照ください。

地積更正登記 安心・安全な土地固定資産税
申請するメリット・法務局に地積測量図が備え付けられるので安心・安全な土地になる。・実測面積が登記面積より少ない場合は固定資産税がやすくなる。
申請するデメリット

・実測面積が登記面積より多い場合は固定資産税が高くなる。

地積更正登記は、ご自分の土地を安心・安全な価値にするには最適な方法です。
しかし、固定資産税が上がるという副作用もあります。

この記事が、皆さんの土地を安心・安全な価値にする一助になれば幸いです。

土地家屋調査士に相談して
問題を解決

土地家屋調査士法人えん公式ブログをお読みいただき、問題は解決されましたか?

まだ解決しない場合は土地家屋調査士へご相談された方が良い可能性があります。
ご相談は無料です。

お気軽に土地家屋調査士法人えん
までお問い合わせください

土地家屋調査士に相談して問題を解決

年間 2,215件の相談件数は業界トップクラス

安心安全な不動産への相談は、土地家屋調査士へ。

建物・土地の登記、測量についての
お悩み、ご相談など
お気軽にお問い合わせください

当事務所へのお問い合わせは、お電話またはWEBから承ります。
通常、フォームからのお問い合わせは2営業日以内にご返信させていただきますが、
お問い合わせ内容によっては回答に時間を頂戴する場合もございますので予めご了承くださいませ。

-お電話でのお問い合わせはこちら-
-WEBからのお問い合わせはこちら-
お問い合わせフォーム
【関東対応】不動産の悩み・問題を解決
年間1000件以上の相談を受ける土地家屋調査士

【関東対応】不動産の悩み・問題を解決
年間1000件以上の相談を受ける土地家屋調査士